Home > お金を借りる > 総量規制という年収の3分の1までしか借りることができないきまり

総量規制という年収の3分の1までしか借りることができないきまり

カードローン関係のWEBサイトで「専業主婦が利用できるのは銀行カードローンだけ」というタイトルを見かけますが、なぜ専業主婦は銀行カードローンしか利用できないのかをご説明したいと思います。

カードローンを商品として扱っているところは大きく分けて…

  • 貸金業者
  • 銀行  があります。

 

  • 貸金業者…消費者金融や信販会社など貸金業を主として営んでいる会社のことを言います。

 
「貸金業者」と「銀行」はそれぞれに「貸金業法」「銀行法」という法律によって活動が定められているため、両者もそれぞれの法律にのっとって営業を行っています。

過去に「多重債務者」の増加が、深刻な社会問題となったことから、これを解決するため平成18年に従来の法律が抜本的に改正され、貸金業法がつくられました。(金融庁HPより)
その中の一つのルールとして「総量規制」という規制があります。

この総量規制は「利用者の借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の融資をしてはいけない」というもので、例えば年収300万円の人が150万円を借りたいと貸金業者に申し入れしたとしても、融資はしてもらえないのです。

またこのルールでは、個人に収入の無い人にも融資できないこととなります。

そのため、働いていない専業主婦に関しては、貸金業者からお金を借入することができません。

それとは逆に、銀行は銀行法にのっとっての営業となっているので、総量規制対象外となり、専業主婦にも融資することが可能となります。

ただし、審査結果次第で、銀行でも借入ができない可能性もあるので、簡易審査などを受けて、自分が借入が可能なのか?を事前チェックしておくといいでしょう。